不用品回収業者に関する総合サイト

市町村に回収してもらう

自治体に依頼する

不用品回収業者を利用する方法について、既にまとめました。
それにたいして、自治体に依頼する方法もあります。
自治体に依頼する方法のメリットは、何と言っても「安い」ことです。
例えば、東京都港区では、衣装ケースや椅子、ガスコンロ、こたつなどでもそれぞれ300円で回収してくれます。
東京都港区の回収料金は、1つにつき300円から2500円であり、不用品回収業者を利用するより、かなり安く利用できます。
また、不用品回収業者を選ぶのはなかなか難しいものです。
よい業者にあたらないこともしばしばあります。
実際に、見積もり時点では安い料金で回収してくれるはずだったのに、いざ当日到着したら「思ったより大きかった」などと理由を付けて料金を吊り上げる業者もいます。

粗大ごみの回収方法

東京都港区の例を出して、粗大ごみの回収方法を解説します。
まず、東京都港区では「粗大ごみ受付センター」で粗大ごみの回収の受付をしてます。
「粗大ごみ受付センター」では、電話またはインターネットで粗大ごみ回収の受付をしていますので、好きな方で申し込みましょう。
センターへの申し込みが終わったら、「粗大ごみ処理券」を購入します。
「粗大ごみ受付センター」のホームページに「粗大ごみ処理券」の取扱所一覧が掲載されていますので、お近くの取扱所で購入してください。
コンビニエンスストアなどでも扱っています。
あとは、指定日の午前8時までに粗大ごみを家の前に出しておくだけです。
自治体の回収では家の中まで取りに来てくれませんので、自分で出す必要があります。
その際に処理券をわかりやすい場所に貼っておきましょう。


この記事をシェアする