不用品回収業者に関する総合サイト

自治体で回収してくれない品目

家電リサイクル法

自治体では回収してもらえない品目があります。
代表的なものとしては、家電リサイクル法の対象となる品目です。
具体的には「エアコン」「テレビ(ブラウン管式・液晶・プラズマ式)」「冷蔵庫・冷凍庫」「電気洗濯機・衣装乾燥機」の4品目です。
これらの品目については、「家電リサイクル法」による手続きに則って回収する必要がありますので、市町村では回収を請け負っていないことがほとんどです。
これらの家電については、購入したお店か買い替えをするお店に依頼して引き取ってもらうのが最も楽な方法です。
自治体では、ほかにも回収してくれないものがありますので、家電リサイクル法の品目や回収できない品目は不用品回収業者を利用するとよいでしょう。

自治体で回収できない品目の例

家電リサイクル法の品目以外にも、自治体で回収してくれないものがあります。
くわしくはその自治体のホームページなどをみるとよいでしょう。
一例としては、「パソコンリサイクル法」の品目である「デスクトップパソコン本体」「ノートパソコン」「ブラウン管ディスプレイ」「液晶ディスプレイ」「マウス・キーボード・スピーカー」などです。
他にも、自動車やそのパーツ、タイヤ、ピアノ、消化器、コンクリートブロック、ガスボンベなども回収してくれない場合が多いです。
大きすぎるものや長すぎるものも断られる危険性がありますので、注意してください。
この記事で紹介したのは一例ですので、処分する段になったときに自治体のホームページや電話などで確認するのが確実でしょう。


この記事をシェアする